学校教育

 「校長権限の強化」などという、できるはずのない掛け声のもと、なんでもかんでも校長の権限にしてしまい、なにもかも校長先生にご判断いただく風潮が蔓延しています。(たいていの人がそうであるように)その能力があるとは思えないのに数百人(ときに千人をこえる)の生徒と数十人(ときに百人をこえる)の教職員のすべてを掌握し判断し管理するという、そもそも不可能なことを期待された、ちっぽけな一個人が、虚勢を張り、祭り上げられ、その気になったり追い込まれたりしながら、張り切りすぎたり落胆したりしつつ、しばしば錯乱してお気の毒な醜態をさらしています。

 


 あの「教育勅語」は、「一旦緩急あれば義勇公に奉じ」 だけが問題なのでしょうか?

 批判しているフリをして、うっかり持ち上げてしまっている議論がけっこう多いのです。現代にも通じる徳目も含まれている、などとおかしなことを言っています。


 

 茨城県教育員会は、2020年度末の県立学校入学試験における採点ミスに関連して、1000人以上の教員に懲戒処分・文書訓告処分を下しました。数年前から東京・神奈川などで同様の処分がおこなわれていますが、より多数の教員に一層重い処分を課したものです。教育長は給与の「自主返納」でお茶を濁し、教育委員はみずからには責任はないとしています。