医師法違反のPCR検査拒否

 病気になっても医者に診てもらうことが禁止され、自宅か路上で死ぬかもしれない。それが現代日本の現実です。アベノマスク(カビノマスク)のような単なる愚策とは次元の異なる、重大な刑事犯罪ともいうべき厚生労働行政方針が地方政府と全医療機関を支配し、国民の生命を直接侵害しているのです。ファシスト体質を発揮し嬉々として危機を扇動する地方政治家たちや、専門知識なき専門家委員会の素人芸人たちは、ナチズムに比肩する非人間的行政官僚とそれを支持する無能な世襲政治家集団にマニピュレートされているのです。

PCR検査禁止体制のもとでの隔離戦略

 国民にはPCR検査を受けさせないのが、現行のCOVID-19危機下の基本戦略です。しかし、それでは官邸・厚労省・感染研自体はもちろん、特権集団の安全もおびやかされます。PCR検査による感染者隔離にかわって、特権集団が自分たちを「隔離」する狂態を演ずることを余儀なくされるのです

「クラスター対策」の実際

 厚生労働省・国立感染研の「専門家」たちのいう「クラスター」は、一見、疫学上の概念のように見えますが、疫学 epidemiology の教科書にも載っていない怪しげな用語です。「クラスター」は、サイエンスとしての医学的概念なのではなく、行政組織内部の医師免許を持っている官僚らが使っている単なる行政用語にすぎません。