予備的考察 1 水害直後

 

テレビや新聞が写さなかった「三坂町」の状況も撮影しました。「若宮戸」では「ソーラーパネル」の地点(25.35km)のほか、もう1か所(24.75km)でも激しい氾濫がおきて、「三坂町」と同様の惨状を呈しています。砂丘「十一面山」の全域も撮影しました。

  •  

 

 「三坂町」の決壊地点の堤防の改修工事に着手していた、と国土交通省は嘘をついています。茨城県内の鬼怒川のほぼ全域が、堤防がなかったり、高さも幅も足りない違法状態であり、決壊地点だけが危険だったわけではないのです。そういう意味で、太田昭宏国土交通大臣のコトバどおり、「全域にわたり同レベル」だったのです。