鬼怒川 2015

 2015(平成27)年9月10日の茨城県常総市の鬼怒川水害について、できるだけ一次資料を参照することで、その実態と原因をさぐろうと思います。

 MMXV -  MMXVI

 

contents

テレビや新聞が写さなかった「三坂町」の状況も撮影しました。「若宮戸」では「ソーラーパネル」の地点(25.35km)のほか、もう1か所(24.75km)でも激しい氾濫がおきて、「三坂町」と同様の惨状を呈しています。砂丘「十一面山」の全域も撮影しました。

  •  

 「洪水ハザードマップ」は複数箇所での堤防決壊による最大浸水深を全部合算したものであり、今回の浸水区域がほぼ「洪水ハザードマップ」のとおりになった(ように見えるだけなのですが)のは、あとになってわかったことなのです。「ハザードマップ」があったのに見ていなかったのか、と非難する人たちは勘違いしているのです。鬼怒川東岸が全部浸水して自衛隊の災害派遣車両も水没することを、国土交通省は防衛省に知らせることもできませんでした。9月10日には浸水前の時点ですでに北部の「新石下」でも南部の「水海道」でも道路が渋滞し、市民は身動きのとれない状態でした。

 

「常総市役所の避難指示の遅れ」を招いたのは、①「三坂町」の破堤の8時間前に始まっていた「若宮戸」の氾濫に、国土交通省下館河川事務所の注意が集中した、②事前のシミュレーションによれば、「若宮戸」での氾濫の場合、「三坂町」は浸水しないこととされていた、③越水の第一報が、三坂町上三坂」をその手前(上流側)100mの「新石下」飛び地と誤認した、そして④その「新石下」にはすでに避難指示・避難勧告が出ていた、などの偶然的要因が重なったことによるものです。そして、巡視員らが激しい越水が進行していたことを現認していたのに、その情報は国交省内で1か月も「紛失」していたのです。

 

「三坂町」の決壊地点の堤防の改修工事に着手していた、と国土交通省は嘘をついています。茨城県内の鬼怒川のほぼ全域が、堤防がなかったり、高さも幅も足りない違法状態であり、決壊地点だけが危険だったわけではないのです。そういう意味で、太田昭宏国土交通大臣のコトバどおり、「全域にわたり同レベル」だったのです。

 

「三坂町」について、国土交通省は「越水による破堤」だと最初から決めていました。水害は、豪雨による水位上昇が原因の「自然災害」だと言いたかったのです。しかし、その目論見は東京大学・芳村圭准教授の浸透痕跡発見で挫折しました。国土交通省が「調査委員会」に提出した資料をよく読めば、越水と浸透が決壊の共働原因(複合的原因)であったことを認めているのです。

 

河畔砂丘 Sand dune である「若宮戸」の十一面山を、自然堤防 Naturl levee と呼んでいる限り、議論は永久に混乱したままです。国土交通省は、堤防をつくらず放置していたのは「自然の」堤防があったからで、その「自然の」堤防を「土嚢の堤防もどき」で代用したのだと、とんでもないデタラメを並べています。砂丘 Sand dune が土嚢 sandbag に化けた経緯を分析します。

 

「若宮戸」(25.35km)での砂丘の掘削は河川区域外の「民有地」における行為だから止められなかったと、国土交通省は言い訳しています。しかし、「若宮戸」の第2地点(24.75km)での氾濫は、国土交通省(建設省)が、河川区域内での砂丘掘削を許可したことが原因だったのです。

 

常総市南部の水海道地区市街地の浸水は、鬼怒川の氾濫によるものではなく、市街地を流れる八間堀川の氾濫によるものだという驚くべき謬論が流布しています。その誤りをあきらにするうえでは、氾濫水の総量を推測し、氾濫水の移動プロセスの全体を見る必要があります。この「水海道市街地水害八間堀川唯一原因説」は、しょせんはただの勘違いですから論ずる価値もないのですが、氾濫水の移動メカニズムをさぐることできわめて興味深い事実があきらかになるのです。 

風説「水海道市街地水害八間堀川唯一原因説」

水没した八間堀川

後背湿地最深部の惨状

破壊された八間堀川堤防

仮説・八間堀川堤防の決壊原因

水海道市街地の水害

風説の生成

八間堀川排水機場停止批判論の誤謬

問題の整理

風説に便乗する国土交通省


原発事故とはちがって、鬼怒川水害については基本的なデータ、地図、写真がインターネット上にかなり公開されています。データの入手方法や、写真や地図のURLをまとめました。

 

 


typical subject

記録的豪雨によって水位が上昇したための「越水」が三坂町での破堤の原因であるかのように報道されていますが、それは国交省・堤防調査委員会の見解の浅薄な理解です。単純な「越水破堤論」は放棄されたのです。

鬼怒川水害の氾濫水の3分の2はここからの流入だったのに、その原因について通り一遍の議論しかしないというのが現状なのです。

 ☞ 鬼怒川水害の真相 三坂町

 ☞ 堤防決壊メカニズム


 

 9月10日午後、三坂町地先・鬼怒川左岸21km付近での破堤直後、国土交通省は常総市役所に電子メールを送信しました(地名を「新石下」と間違っていましたが)。添付した氾濫想定区域図には、氾濫水の到達予想時間も書かれていました。常総市役所への到達時刻は24時間後で、しかも氾濫水はギリギリのところでとまるだろうというものです。

 実際には8時間後に浸水が始まり、結局1m以上も床上浸水して市役所は機能停止におちいり、前庭の自衛隊や報道企業の車両まで水没してしまいました。

 ハザードマップがあったのに見ていなかったとして、市役所や住民を非難している人たちはあとになってわかったことを、自分だけは分かっていたと思い込んでいるだけなのです。

 ☞ 避難指示の遅れを非難する論調

 ☞ 避難指示の遅れの責任を自覚している国土交通省

 ☞ ハザードマップをめぐる誤解

ソーラーパネルは河川区域外だからどうしようもなかったと言っていますが、国土交通省関東地方整備局下館河川事務所はそもそも河川区域の設定を間違っていたのです。ところが、新聞やネット上で議論している人たちは、河川区域の境界がどこなのかもわからないまま憶測で若宮戸問題を論じているのです。そもそも、この問題を扱うほとんどすべての人が(国交省も、国交省を批判している人も)自然堤防でないものを「自然堤防」と呼んでいるのです。これでは話が混乱しないはずがありません。

 ☞ 鬼怒川水害の真相 若宮戸

 ☞ 自然堤防とは何か 若宮戸ソーラーパネル


鬼怒川が決壊したのは1か所だけなのに、八間堀川は3か所で決壊したために常総市の40㎢が浸水したのだ、と国土交通省関東地方整備局が宣伝しています。若宮戸の2か所からの氾濫を隠蔽したうえで、40㎢の中での氾濫水の流動によって引き起こされた八間堀川の「決壊」が、あたかも常総市南部(旧水海道市)の浸水の第一原因であるかのように描き出しているのです。それだけでなく、国土交通省を「批判」している「専門家」や「報道関係者」、さらには運動団体までがこの謬論に唱和し、誤った認識を広めているのです。

 ☞ 八間堀川問題 1

 ☞ 八間堀川問題 8